FC2ブログ



Prev  «  [ 2019/01 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

mme.jujube

Author:mme.jujube
■1964年生まれ 女性
■東京生まれ・東京育ち
■長らく単身赴任の夫あり・1994年生まれの娘1人
■これまで歩んできた道。これから進みたい、進むであろう道。そして今うろついている場所での日々の思い出をブログに

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

旅は道連れ世は情け?

先週29日(木)に

ペナン島より無事帰国。

最終日のエージェントのお迎えは、

「17時」というゆとりのスケジュール。


おかげで朝食はゆったりとした気分で、

窓の外の樹齢200年以上の樹と向き合いながら


47072124_789138311453816_4245467273927589888_n.jpg


ビュッフェの料理以外に、

私はオーダーメニューのヌードルを。


47202190_326537901276937_8969536248435703808_n.jpg


そして娘はカレーを楽しんで


47022045_357775441697286_1888615450695172096_n.jpg


ペナン最後の朝を過ごしたのでした。


ヌードルも相当な美味しさだったけれど

このカレーも絶品。

鶏肉とパパドのようなものがカレーで混ぜてあって、

これは是非とも家で真似てみよう!と思えた1品。


12時のチェックアウト後は

荷物をホテルへ預け、

滞在中初のショッピングセンターへ。

でも、買いたいものもなくただウロウロ。

ショッピングセンターって何であんなに疲れるんだろう?(笑)


そして17時。

ホテルロビーにお迎えに来たエージェントの車で

ペナン国際空港へ。

「ペナン⇔クアラルンプール⇔成田」という旅程の、

まずは「ペナン→クアラルンプール」をこなさねばならない。

そういえば往路の「クアラルンプール→ペナン」は

搭乗後、何のアナウンスもなく1時間以上も機内に閉じ込められた。

おかげで綺麗な写真が撮れたけど。


こちらは搭乗して20分後位に座席から撮った写真。


IMG_2614.jpg


そして多分、30分後位の写真。


IMG_2616.jpg


そしてさらにもっと時間が経って、

綺麗だけれども暗くなってきた、ねえちょっとまだ?な時の写真。


IMG_2619.jpg


で、やっと飛び立って

こちらはクアラルンプールを上空から写したもの。


IMG_2620.jpg


どれだけ待たされたかが一発で分かる写真。

お願いだから、帰りはそういうことがないようにお願いしますよ!

と思ったら、マレーシア航空では日常的なのか、

今度はクアラルンプール行きの搭乗ゲートを開けてくれない。

チケットに書かれている搭乗開始時刻を過ぎても

係員が始動する気配もなく、

待っている皆の顔に次第に焦りとイライラが出てくる。

ー クアラルンプールで乗り継ぎをするのに

次の便に間に合うのか?

ー 同じ航空会社の飛行機を乗り継ぐんだもの、

さすがに連絡がいくよね?

でもじゃあ、荷物を乗せ換える時間はあるの?

まさかの成田のターンテーブルに

自分のスーツケースなし?

・・・と、不安が膨れ上がってくる。

おまけに出国審査はペナンではなくクアラルンプール。

クアラルンプールの空港内を

スムーズに移動できるのかもすごく不安。

で、助っ人を探し出し、助けて頂きました。

2人組の日本人ビジネスマン、

「じゃあ一緒に行きましょう!」と言って下さり

本当に心強かった。

クアラルンプールでの移動も

黙ってその方たちに着いていくだけ。

出国審査も無事に済み、

私と同世代のお2人とは

搭乗までバブル時代の話で盛り上がる。

ー 私たちの時代って、新人は誰よりも早く出社して

みんなの机を拭いてましたよね

ー そうそう、あと、みんなのお茶を淹れたりね

ー え!男性もやったんですか?

ー やった、やった!

入社した時、自分のカップを持ってくるよう言われて、

何かと思ったらそういうことだった(笑)

ー 今はセルフだもんね~

ー 飲み会も断らなかったしね

みたいに。

そして定番の名刺交換。

外国人の目には、

ああ、あれが有名な日本人の名刺交換か、と思われたかも。

名刺の向きとかおじぎとか。


そしてお2人とは再会を誓って、いよいよ搭乗。

もしかしたら又、待たされるかも・・・

と思って足を踏み入れた機内は、

なんとエアバスA380!


これです、これ。

2階建ての大型旅客機。

ちょっと前までは

「成田⇔パリ」のエールフランスでも使っていたこの機材。

今は使わなくなってしまってガッカリしていた所。

もう、乗り物フェチな私は大興奮&満面の笑み☺

これなら搭乗後も待たされても文句言いません。

いや、むしろ歓迎?

c367ec6f-s-600x334.jpg


ちなみに往路のA350はシートベルトが3点式。


IMG_2601.jpg


今から車の運転します、みたいな気分になって

そしてやっぱり窮屈。

でもA380は普通のシートベルト。

あ~、良かった♪


47231402_1944403135862565_1142534654482448384_n.jpg


ゆとりのスペース。

モニターも大きくて見やすくて

収納場所も多い。

自腹で初めてビジネスクラスに乗った娘も大喜び。


料理メニューも

深夜便にも関わらず充実の内容。


まずは搭乗後に飲み物と、

そしてマレーシア料理のサティ。


47038960_268855113986730_997659360274415616_n.jpg


サティはチキン、ビーフ、

チキン&ビーフから選べるという贅沢ぶり。


そしてその後は

希望者のみ“フレンチオニオンスープ”か

“照り焼きチキンの蒸しパン”。


47000148_271065497094610_7994521544883699712_n.jpg


47003112_1196993143833362_4636197937951539200_n.jpg


どちらもとっても美味。


そして着陸前の食事がまた豪勢。

こちらはマレーシア&日本時間の早朝に当たる為、

乗客に要・不要を聞いた上でのサ―ヴ。


まずはこちら。

驚いたのはこれが前菜だったということ!

メインが和・洋の2種類あって

「和」を選んだ場合のこれが前菜。

煮物や玉子焼き、煮魚にお漬物、そしてフルーツ。

照明が暗いままでのサーヴは、

恐らく目覚めたばかりの人や寝ている人に気遣って。


47028497_352627821962547_970536323972595712_n.jpg


そしてメイン。

メインを頂く時には少し照明が明るくなった。


47104177_293856704435946_7737879854330150912_n.jpg


牛フィレステーキ with 照り焼きソース。

そしてご飯とお味噌汁、お漬物。

う~ん・・・美味しい!!


このお食事の内容で機材がA380ならば、

マレーシア以外の国に行く際も、

乗り継ぎ覚悟で又利用してもいいかな、と思った。

CAさん達はとっても素敵な笑顔で

最高のホスピタリティでした。


で、無事成田に着いて荷物をピックアップした後、

お世話になったビジネスマンお2人と再会。

お1人はそのまま北陸へ。

そしてもうお一方は

週明けにアメリカ出張だとか。

すごいな、ビジネスマン。

次は下北沢辺りで飲めたらいいですね、

なんて言って、お別れをする。

(下北沢は学生時代の思い出があるらしい)

迷うことなく、不安や焦りを感じることなく

搭乗出来たのはこのお2人おかげ。

これぞ「旅は道連れ世は情け」?

とにかく旅に於ける出会いにはいつも感謝。












スポンサーサイト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる