FC2ブログ



Prev  «  [ 2019/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

mme.jujube

Author:mme.jujube
■1964年生まれ 女性
■東京生まれ・東京育ち
■長らく単身赴任の夫あり・1994年生まれの娘1人
■これまで歩んできた道。これから進みたい、進むであろう道。そして今うろついている場所での日々の思い出をブログに

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

LOVE ♥ -aca 1° -アカ- - 京都-

京都訪問で恒例となっている

スペイン料理「aca1°-アカ-」でのグルメ。

先月の京都でも行って来ました。


=過去のacaの記事はこちらこちら


いつも外看板の写真をアップしているので

今日は階段を上がってすぐの扉の写真を。

レバーが素敵☆


IMG_1374.jpg


そしてなんとこの日はシェフの東さんのお誕生日☆

情熱の国・スペインをイメージして

赤い花束を持参しました。

IMG_1372.jpg

ちなみに花束は

京都に着いてから現地で手配。

これでまた1軒、いざという時のお店が京都に増えて嬉しい。



カウンター席がメインのacaは、

東シェフはじめスタッフの方々の仕事と情熱が

至近距離で伝わってくるのもワクワクするところ。

勿論、会話も。


そしてこの日のお料理は・・・


IMG_1378.jpg

「トマトのガスパチョ 天草の雲丹」


IMG_1380.jpg

1杯目のワインはこちら


IMG_1384.jpg

東シェフが炭火で焼いた子持ち鮎。

上にはマンチェゴチーズがふわふわと。

シェリービネガーソースがシンプルに美味しい。


ちなみにこちらが鮎を焼いている東シェフの凛々しい姿♡

IMG_1375.jpg


続いて初体験の・・・

IMG_1388.jpg

「前菜パエリア」!

パエリアを前菜的に少量で出して頂いたのは初めて。

上に乗っているのは旬の秋刀魚です。


IMG_1391.jpg

次のワインは、ジャケットが美しいこちら。


そしてお料理は

IMG_1395.jpg

松茸!!

「松茸と天然車海老のアヒージョ」。

なんて贅沢な♪

勿論、ソースをつけてパンもすすむ。


IMG_1399.jpg

次は私的にはまさかの登場の「小肌」。

下にはトマトを練り込んだパンのようなものが。

名前を聞いたのに忘れました。

最近そういうことが多過ぎだわ💦

アヒージョの後に目にも口にもさっぱりな小肌。

さすがです。


ここまでに登場した皿数は5品。

これくらい時間が経つと、

たいていの場合、お隣さんともお話出来たりします。

この日のお隣さん(ご夫婦)も同じく東京からいらした方で、

なんとこの日のゲストの3分の2が東京人!



お食事もワインも会話も進み、

いよいよディナーも終盤。


次の肉料理は

それぞれ産地が違った3種の牛肉

(フィレ、サーロイン、ランプ)の中から、

予め自分で選んだものが焼かれて登場。

こんな風に

食事がスタートしてちょっと経った頃に、

お肉の塊を見せて頂いて決めます。


IMG_1376.jpg


で、私は京都・平井牛のランプを。

IMG_1409.jpg

まずは適度な量なのが嬉しい。

そして肉の火入れも

さすが“お肉大好き”な東シェフ。

堪能しました!


そしていよいよ、最もワクワクなパエリアの登場!

なのですが、

他のゲストに運ばれるパエリアを横目でみつつ

「?」と思っていた私。

何故なら皆、内容が違うから。

えー、どういうこと?

私には何のパエリアがくるのー?

と思っていたら


ぎゃーーーー!

こんなパエリアが登場!!


IMG_1412.jpg


分かりますか?

松茸ではないですよ。


IMG_1412 (2)


こちらはなんと、鮑!!!

アワビですっ!


実はこのacaの鮑のパエリアは、

よそ様のSNSにアップされているのを見て

「いいな~、食べてみたいな~」

「きっと常連さんなんだろうな~」

と、指をしゃぶりながら見ていたのです。

だからこのパエリアの登場に

卒倒です。


IMG_1414.jpg


すごいですね、

東シェフは各ゲストに出した料理の内容を

ちゃんと把握しているんです。

そういえば今まで同じパエリア、出てきてない。。。

さすが星付き、だから星付き☆


1人でも食べきれたけど、

これは娘の口にも入れてあげたいと思い、

仕事終わりの深夜近くに京都に掛け付ける娘の為に

お持ち帰り用にして頂きました。

でもま、結局の所、

ホテルの部屋でまた私も食べてしまったのは

言うまでもないんですが(笑)。


そんな卒倒のパエリアの後は、

デザート2種と深みのある珈琲で締めくくります。


IMG_1418.jpg


IMG_1421.jpg


IMG_1423.jpg


とにかくこの日も“満足”を通り越して

“卒倒”で感無量なひと時を過ごしました。

ご先祖様、京都にいてくれはって

ほんまにありがとう。









スポンサーサイト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる