FC2ブログ



Prev  «  [ 2019/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

mme.jujube

Author:mme.jujube
■1964年生まれ 女性
■東京生まれ・東京育ち
■長らく単身赴任の夫あり・1994年生まれの娘1人
■これまで歩んできた道。これから進みたい、進むであろう道。そして今うろついている場所での日々の思い出をブログに

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

2015年10月18日 -③-

2015年10月18日ー②ーの続きです。

この日のフォルダの中の写真のご紹介はこれで終わり。

生井シェフの帰国後に

ひとりでエストニア・タリンに行った際の写真がメインです。


🚢


エストニアの首都タリンへは

フィンランド・ヘルシンキから船で行きます。

映画「かもめ食堂」に登場する港のマーケット広場の横に乗り場があり、

そこからだいたい90分位でしょうか。


アルコール好きのフィンランド人は

船に乗ってわざわざエストニアへアルコールを買いに行きます。

確かTAXがめっちゃ安いか、ゼロか。

そんな理由で。

立派な客船なので船内は等級別になっていて、

私は娘が一緒じゃない時はちょっと贅沢をします。


この時が恐らく3回目か4回目のエストニア。

タリンの街はこんなイメージです。


489.jpg


IMG_4169.jpg


これ、レストランです。

このレストラン目当てでエストニアに行った、

と言っても過言ではないのに、

予約困難なお店、“当日1名すべり込み“も無理でした。

IMG_4132.jpg


じゃあ、何処で何を食べよう?と

街中をぐるぐる。

ヘルシンキ同様小さな街なので、

訪問3or4回目ともなると

結構どこに何があるか覚えています。

で、普通にこんな感じの

歴史を感じる重厚なお店に入ってみることにしました。


493.jpg


なかなか良い雰囲気。

こうして結構な数のテーブルと椅子が並んでいると

(並べ方は違うけれど)

娘が中2の時に一緒に行った

イギリス・オックスフォードを思い出します。

現地オプショナルツアーでまとまった人数で訪れたその地で、

オックスフォードの学生たちから

「サル(猿)ーー!」と大声で馬鹿にされたことをね。


499.jpg

テーブルの上もなかなか雰囲気があって素敵。


そしていただいたお料理は・・・

500.jpg

勿論、ボルシチ。

なかなか美味しかった!


541.jpg

そしてこちらはお店を替えて

カフェでいただいたケーキとコーヒー。

ケーキはバタークリームたっぷりの

ある意味懐かしい味。


🚢


タリンは日帰りで。

ヘルシンキに戻ってから

街中で見つけた“らしい”デザインたち。


572.jpg


576.jpg



フォルダー内の画像を見ていたら

いきなりわけの分からない写真が登場。

何かと思ったら、滞在先「シティアパートメント」の隣にある、

中国料理店のランチメニュー。

ヴァイキング方式で10ユーロちょっと。

品数も多いし、美味しいし、おススメです。

596.jpg


598.jpg

こちらが店内。

私はいつも早めにランチに行くけれど

ビジネスマンの姿がちらほらと。

そういえばフィンランド人はその昔、

国が推奨して「1日5食」をやっていたんですよ。

少しずつ、5回の食事。

今はさすがにヘルシンキではそんなことはありません。




594.jpg

え?誰??

と思ったら、宿泊先の「シティアパートメント」のオーナさん。

こちらの宿は何回か泊まっているので

オーナーさんとも顔見知りに。

ちなみに全室(多分)キッチンがついるので

ちょっと長めの滞在の人には気ままを楽しめて良いと思います。

そういえば別の滞在の時に

「たまたま空いていたから」と

螺旋階段付きのメゾネットの部屋に

アップグレードしてくれたことがあって。

でも、私1人ですよ!

せっかくだから使いこなそうと、

わざわざ荷物を上の部屋と下の部屋に分けて、

階段を上ったり下りたりしていたことを思い出します。


ホームページは見当たらなかったので

Booking.comのページを。



さあ、いよいよ帰国です。

これはフィンランド航空のビジネスクラスの食事の写真。


611.jpg


614.jpg


食器やナプキン、カトラリーに

マリメッコやイッタラを惜しみなく使用。

お料理もフィンランドらしい、優しい内容。

フィンランド航空は

とても安心して乗ることができる航空会社です。

私はヨーロッパ内を移動する時は

エールフランスかフィンエアを使っています。

この2社の共同運航便は

両国の国民性が真逆だから

フィンエアのCAさんは大変みたいだけど。

って、これは余談。



さて、これだけ大量に画像が入っていたフォルダーを整理できて

とっても嬉しい私です。

この勢いで画像整理をじゃんじゃん進めたいと思います。




スポンサーサイト

photos |
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる