FC2ブログ



Prev  «  [ 2019/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

mme.jujube

Author:mme.jujube
■1964年生まれ 女性
■東京生まれ・東京育ち
■長らく単身赴任の夫あり・1994年生まれの娘1人
■これまで歩んできた道。これから進みたい、進むであろう道。そして今うろついている場所での日々の思い出をブログに

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

接客

クレンジングミルクがなくなりそうだったので

買いに行った。


愛用しているのは

フランスの化粧品メーカーのもの。

某百貨店のそのメーカーの店頭に行くと

販売員は1人だった。

カウンターで

いつものクレンジングミルクを下さい、と言って

ふと、思い出す。

そういえばこの前サンプルでもらった

ローションタイプのクレンジング。

ミルクのものと、それぞれどこが違って

どこが“ウリ”なんだろう?


で、それを質問してみた。

なんてことはない。

メイクを落とした後が

“しっとり(ミルク)”か“さっぱり(ローション)”か、

みたいなことを言われた。

じゃあやっぱりいつもと同じでミルクで、

と言うと、担当した販売員がこんなことを言い出した。

「濃い目のメイクを落とす時はミルクで、

ナチュラルメイクを落とす時はローションで、

そんな感じでいかがですか?」。

はあ?

いったい何を言っているの??

55歳の普通の主婦が

濃い目のメイクもナチュラルメイクもないでしょう。

クレンジングを使い分ける一般人なんて、

世の中に何人いるの?

ミルクタイプが13800円(税抜)、

ローションタイプが11800円(税抜)。

クレンジングを買いに行って、

27648円も使わせようとしないでいただけます?

だからはっきり言った、

「クレンジングを使い分けている人なんて

そんなにいますか?」、

「私はメイクはいつも同じなんで」と。

するとその販売員、バツが悪そうに

「お会計に行って来ます」とそそくさと売り場を去った。

ムカムカしている自分を誤魔化すために、

目の前にあったフェイスオイルのサンプルを手に取ってみた。

そこに戻って来た販売員。

今度は「それ、いいですよ~」。

だから気分を改めて聞いてみた、

「これ、小さいサイズはあります?」。

何故ならそのフェイスオイルの容器が

結構ぼてっとしたデザインで、

旅行にはとても持っていけないと思ったから。

そして、今使っているゲランのフェイスオイルは

スリムな容器な上にサイズが2種類あって、

小さいサイズのものならばポーチにも入り、

旅行に持って行っても邪魔にならないから。

だからサイズに種類があるかを聞いてみたのだ。

するとその販売員、

「こちらはこのサイズだけなんですよ」

「ご旅行でもそのまま持って行けますよ」。

はあ?

何言ってるの?あなた。

そんな丸っこい、

だるまみたいなボディにスポイトがついてデコボコしたた瓶、

誰が旅行に持って行くの?

だから言った、

「あなた、これ、旅行に持って行けます?」。

するとその販売員、

はっとした顔をして黙りこくった。

ここまでくると

「売りつける」という言葉がふさわしい。

今後あなたからは絶対に買わない。


ちなみにこの売り場の販売員の中には

とってもいい方もいる。

以前、同じくクレンジングミルクを買いに行った際、

「もう全然残っていませんか?もしもまだ残っているようでしたら

◯日から特典がついてお得ですから、

その時にお買いなった方が良いですよ」

と言って、サンプルを少し下さった。

接客ってそういうものではありませんか?

客に寄り添った接客。

それがリピートにつながるというものです。



スポンサーサイト

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる